2017年(平成29年)5月14日 第3回委員会を開催しました

前回のディスカッションによって出されたテーマ候補を整理した12の部会(案)の中から,

委員の皆さんそれぞれが関心の高い部会を選び,

30年後の未来の福山について思いを語り合いました。

第3回タ_イシ_ェスト_0527 (2)

【プログラム】

希望するテーマの部会に分かれて着席
*ふくやま未来づくり応援団紹介・コメント
*前回のふりかえり
*グループディスカッション
*グループごとに発表
*応援団と市長からのコメント

ふくやま未来づくり応援団からのビデオメッセージ

12人目のふくやま未来づくり応援団として加わった,DJの小林克也さんからビデオメッセージをいただきました。
こちらからご覧ください〔外部リンク〕)
※高画質での動画視聴は、データ通信量が大きいので、Wi-Fi環境や自宅の固定回線で行うことをおすすめします。スマートフォンをご利用で通信量が月の上限を超えた場合、速度制限がかかることがあります。

前回のふりかえり

グループディスカッションの内容

テーマ及び各グループの参加人数を確認

テーマのバランス、人数のバランスを委員会で検討いただきました。

 ◎グループディスカッション

①メンバー同士で自己紹介

②二人一組で「このテーマへの思い」を語り合う

③グループ内で思いの共有

④ワークシートで30年後の未来予想を語り合う

共生1

共生のまち部会

観光1

観光部会

ブランド1

ふくやまブランド部会

学び1

LOVE福部会(学び)

駅前1

駅前部会

駅と福山

駅と福山城部会

子育て1

子育て部会

若い世代1

(仮)若い世代が住みやすいまち部会

生涯現役1

生涯現役~ばら色人生プロジェクト部会

自然1

ばらと芦田川部会(美しい自然環境)

安全1

安全部会

まだまだ1

まだまだあるぞ福山部会

◎グループ発表

各テーマで語られた内容を発表しました。

1

共生のまち部会
いろんな人が集えるコミュニケーションの場を作ろう!

・コミュニケーションの場を作り,特別に配慮しなくても
 誰でも自然に受け入れられる社会をつくろう!
・コミュニケーションのきっかけ、環境づくりが大切
・市民ファースト、幸せを実現できるまちに
・障がい者もスポーツできる環境を

2

観光部会
もう一度来たくなる、住みたくなるようなアイデアを!

・観光に来て福山の魅力を知り,移住→人口増へ
・駅周辺と合わせて観光コースに交通,施設の整備
・鞆の浦に若い人が働ける場を誘致
・新たに「ばらのまち」テーマパークを
・ゆっくり過ごせる観光ルートの提案

3

ふくやまブランド部会
福山と言えばコレだよねっていう商品を開発し
産業につなげよう!

・福山オンリーワンで商業的に発展
・地元の歌,地元の駅弁,地元ケーブルテレビ
・教育や雇用につながるふくやまブランド
・土台は行政が,市民各分野が協力し自立をめざす

4

LOVE福部会(学び)
郷土の学びと発信する活動が循環するしくみがいいね!

・「住み続けたい」という未来に向かっての郷土愛
・福山の歴史コンテンツがいろいろある
・ローズマインドを世界に
・学びと行動が循環し,みんなが福山の広報大使に!

5

駅前部会
わくわくする夢の30年後を考えよう!

・30年後、交通の流れが変わる
・運河で船町から船を!鞆・芦田川・駅を船でつなぐ!
・便利だけの街じゃなく楽しい街に
・地消地産の駅前に

6

駅と福山城部会
おもてなしのシステムも整備して日本一の駅前に!

・直結した経路があれば徒歩や自転車で観光できる
・予約の要らないガイドシステム
・福山城の木造復元,歴史保存
・駐車場の整備を考える

7

子育て部会
子どもたちの未来が明るく
幸せがたくさん訪れるまちに!

・医療・保育の地域格差を無くす
・働きやすい環境 → 病児保育の広がり
・子どもも大人も音楽活動しやすい町
・子どもを含めた統括的支援システム
・障がい児も一緒に育てる環境と仕組みづくりを

8

(仮称)若い世代が住みやすいまち部会
子ども・学生が夢を持ち、
経済活動にチャレンジできるようにしたい!

・チャレンジする機会&フォロー
・企業や人と繋がるきっかけ
・若者向け音楽やスポーツのイベント,国際大会を
・宇宙飛行士養成のための専門機関や学校を作る
・福山らしいオンリーワン企業のブランド化!!

9

生涯現役~ばら色人生プロジェクト部会
一人ひとりが「できること」を最期まで
発揮できるといいね!心と経済的豊かさ!

・経済的,心,両方の豊かさ
・一人ひとりが「できること」を最期まで発揮
・知恵を伝えて次の世代が生かす
・お年寄りも死ぬまで夢を持つ
  ↓
 夢を語る場を!

10

ばらと芦田川部会(美しい自然環境)
山が生きると海が生きる、海が生きると山が生きる!
ばら,芦田川を活かす

・芦田川ブランド,ワースト1→ベスト1に!
・河口堰をなくして汽水域の復活
・海山川を使って、スポーツを盛り上げよう
・動物園周辺,自然公園,遊歩道にばらを活かす

11JPG

安全部会
交通、防災、心、食、環境、
いろんな視点の安全を高めよう!

5つの安全
・暮らしの安全 →安全な道の整備
・防災 →30年後子どもたちが命を守れる
・心の安全 →心療内科の整備
・食の安全 →高いレベルで安心の福山基準
・環境の安全

12

まだまだあるぞ福山部会
まだまだいろんなことを話し合ってみたいね!

・なにもないとは言わせない福山!
・30年後「戻ってきたいまち」に
・合併前のそれぞれの地域にある文化を残そう!
・公共交通の「色分けサイン」を考えよう
・スペシャルオリンピックスなどスポーツの発展
・情報を知らない→それぞれの世代に応じた情報共有

◎応援団コメント,市長コメント

平岡 拓晃さん
(ロンドンオリンピック男子柔道60kg級銀メダリスト)

日本人ってなかなか意見を言わないのに、今日の皆さんは活発に意見を交わされていた。皆さんの福山愛を感じた。
私の思いとしては障がいのある人へのチャンスをスポーツで生み出したい!スポーツには勝ち負けだけではなくたくさんの「意味」がある。「福山は障がい者スポーツが盛んだよ」と言われるようになって欲しいし、自分も「道場」を開きたいと考えている。今回は気が付かなかった福山のいいところも知ることができた。

枝廣 直幹 
(福山市長)

なぜ今,30年後を考えるのか。
福山の未来を考えたとき,幅広い世代が集まって互いに教え合う,学びあう機会を持つべきと考えた。テーマごとにあらゆる世代,男女混合なので正直なところ難しいかもと思ったが,全く心配いらなかった。まずはいろんな論点を出し合ってください。一番苦しい時かもしれないが。夜明けは必ず来る!合併した地域,それぞれのことなどもっともっと融合していくように!

◎部会の開催について話し合い

第4回の開催までに各部会を開催し、じっくりと話し合う時間を持ちます。
 次回はそれぞれが掘り下げてきた内容を共有することとしました。



◆傍聴席からの声

今回は傍聴者からもご意見をいただこうと、12のテーマに区切った模造紙を用意していました。
付箋に書かれたご意見は各部会に届けます。

FullSizeRender のコピー

また,委員会について,次のような感想も寄せられました!

各テーマとも特色ある切り口で今後の議論が楽しみ。
はじめて傍聴した。想像していた以上に活発に意見が出ていて驚いた。
活発な意見が飛び交っていてよかった。
今回,話し合いが目の前で見聞き出来て感動した。また,ボードへの記入で参画の気分。大変勉強になった。
もっと出る杭になる人がたくさん出てくることを期待する。オンリーワンなFUKUYAMAに!
すごい若手がいて頼もしい。お疲れさまです。楽しく過ごさせてもらいました。
傍聴者が退屈にならないように,気づいたことやコメントを模造紙に貼れるように準備していたり,
 お茶を配ったりする気配りがありがたい。
・平岡さんのお話がとても良かった。
自分の未来を言いたい,語りたいグループでのディスカッション。良いムードで楽しそうでした。
・30年後の夢,福山をぜひ描いてほしい。
玄関らしい駅と城周辺の一体となった再整備が必要。
とにかく意見を出し合うことが大切だと思った。そしてお互いをリスペクトすること思いやることが様々な世代,
 性別,職種,文化,国籍,思想の異なる人々が共生し
ていくためには必要だと思う。

動画で見る

第3回委員会の動画はこちら

委員会事務局

広島県福山市東桜町3番5号
「ふくやま未来づくり100人委員会事務局」福山市まちづくり総務課内

TEL:084-928-1217
FAX:084-928-1229

Copyright (C) ふくやま未来づくり100人委員会 All Rights Reserved.